私立小学校選びに成功するか否かは親にかかっている!?

私立小学校選びに成功するか否かは親にかかっている!?

小学校選びで親が気を付けること

・小学校選びをされる保護者の方に是非準備して頂きたいことがいくつかあります。
まずは、私立小学校進学の手引きといったお受験の概要が書かれている書籍を手に入れましょう。
出版元が異なる2冊があると便利です。

それと併せて中学受験用の学校ガイドも購入しましょう。
できれば大手進学塾が出版元になっているものが良いでしょう。
中学受験用のガイドがあれば、同系列の中高の様子が把握できるからです。

そして、志望校に実際に足を運んでみるのも大切です。
大勢集まる学校説明会では、なかなか本来の学校の姿が感じ取れないものです。
冷静な目で判断するには説明会とは別の日に足を運ぶことが大切です。

交通機関や駅周辺など通学路となる地域の様子についても把握しておくと安心ですね。
また、志望校が一貫校である場合には、我が子の将来像を描くためにも、中高生の登下校時の様子を観察してみましょう。

小学校が名門校だと言われていても、中高の現実を見てがっかりするといったケースもあるようです。
他に志望校を知るためには、バザーや文化祭、運動会などにも参加するのも良いでしょう。
学校説明会や入試説明会だけでは伝わってこない部分が見えてくるかも知れません。

・学校見学の際に受付で記名させるところもあり、どれだけ保護者が熱心であるのかをアピールすることができるとも考えられます。
親の思いが伝わっていれば、ボーダーラインに立った場合に優遇してもらえる可能性もあるのです。
見学の際には学校側から見られていることを意識し、服装や立ち居振る舞いにも気を付けましょう。

私立小学校をタイプ別に知ろう

・私立小学校のタイプにはいろいろあります。
大きく分けて5つに分類されます。
①90%以上が大学まで進学できる大学附属系小学校
②半数以上が大学まで進学できる大学附属系小学校
③大半が大学まで進学できない大学附属系小学校
④大学進学実績を誇る小中高一貫教育の小学校
⑤主に中学受験に実績をあげている小学校

私立小学校とひと言に言ってもそのタイプはいろいろです。
受験対策を行いながら、各家庭に合った志望校を絞りましょう。

タグ

2011年11月1日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:未分類