親の戦略が出願でも問われる!?

親の戦略が出願でも問われる!?

計画的に出願校を絞ろう

・いざ願書が完成すれば出願となります。
いよいよ、受験対策で悩みながら絞り込んだ小学校を最終的に選ぶ段階に入るのです。
出願前には特に思い悩む保護者の方もいらっしゃるでしょう。

本当に我が子に適している小学校なのか、本当にここに出願してもいいのかなど、最終的に考え抜いて、出願する小学校が複数ある場合にはあらかじめ順位を決めておくと良いでしょう。
入学金の振込み時期などが多少前後するでしょうから、そういったことも踏まえて考えておくと安心です。

・都心の小学校においては、通常10月1日を境に出願期間がスタートします。
試験本番が始まるのは10月中旬頃で、11月の第一週辺りがピークになるでしょう。
中には試験日が重なってしまう小学校もあるので、例えば複数校に出願しても実際に受験できる学校は限られてくるかも知れません。

受験番号の交付は受付順とは限らない

・昔と違って私立小学校のほとんどは、願書を郵送で受け取るようになっており、直接学校の窓口に提出し先着順で受験番号が交付されるというケースはほぼなくなったといっても良いでしょう。

受験番号の交付は学校によっても異なっており、50音順で決まるところや誕生月、男女別で決まるところ、郵送受付順で決まるところもあります。
そうなると試験日についてはまさに運任せと言えるでしょう。

3月生まれの男子からスタートし、4月生まれの女子が最後となる小学校もありますし、その年によってスタートの生まれ月を変えるところもあります。
中には試験日が複数日設けてあり、各日80~90人程度の考査を行うところもあります。
学校によってやり方はまちまちなので、ある程度の予測が必要になってくるでしょう。
こればかりははっきりとは分かりかねますので、場合によっては志願校の試験日が重なるといったケースも見られます。

・毎年の試験の傾向が似ている学校を志望するのであれば、余分に1~2校出願しておくのも良いかも知れませんね。
都内の有名校であれば10月1~2日に試験日が集中しますので、出願したものの全てに挑むことができない家庭が多く、欠席者が多く見られるようです。
裏を返せば受験者が減るということで、それだけ倍率も下るというメリットもあります。

・毎年の各小学校の試験日程表があり、幼児教室を通じて入手することもできるので、事前に参考にしてみるのも良いかも知れませんね。
我が子が受験する小学校と同一試験日である小学校をチェックしながら、併願する学校を決めるとより確実でしょう。

タグ

2011年11月2日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:お受験合格