親の努力なしでは身に付かない生活習慣

親の努力なしでは身に付かない生活習慣

自分でやりたいと思える環境に整えることが大切

・洗顔や歯磨きを日常生活の基本として身に付けるには、子供が利用しやすい環境に整えてあげることも大切です。
蛇口が子供の手に届きやすいように踏み台を用意するとか、長袖が濡れないように腕まくりをすることを教えるのも親の務めです。

また毎朝の習慣として、起きたらまず最初に洗面台に行き顔を洗う習慣を身に付けるのも良いでしょう。
また、夜寝る前には必ず歯磨きをするという習慣を付けておくと自然と生活リズムとして組み込まれることでしょう。
朝、洗顔しなければスッキリしないとか、歯磨きしないと眠れないというところまで習慣付くと良いですね。

・歯磨きを自分でできるのももちろん素晴らしいのですが、同時に習慣としたいのは親の仕上げ磨きです。
自分で歯磨きするのは、自分の歯を大切にするという意識付けのためにも大切です。
また、後で親が仕上げ磨きをすることで歯の健康を確実に維持することに繋がるのです。

お風呂においても同じです。
自分の体を自分で洗うことにより、自分自身を大切にする心が育ちます。
自分を大切にする人は他人を尊重する気持ちも育ちます。
如いては自分と他者とを大切に思う心が育まれると言えるでしょう。

タグ

2011年11月7日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:お子様の生活習慣