備品の記事一覧

備品を大切に扱おう

備品の扱い方で家庭でのしつけが分かる

・考査において、学校の備品を使う機会がたくさんあります。
ペーパーテストでは筆記用具、行動観察では道具箱、制作においては工作用具、教室の机や椅子などが備品として挙げられます。
学校側はこれらの備品を使う子供の行動をチェックすると共に備品の扱い方をも同時にチェックしているのです。

・年長の秋にもなれば物を大切に扱うことが身に付いていて当然です。
自分の持ち物はもちろん、公共のものや他の人の持ち物も大切に扱うようでなければいけません。
3~4歳児ではまだ物を大切に扱うという精神が身に付いていない場合が多いのですが、物事を判断する力や指先の力が充分に発達していないから仕方のないことです。
5~6歳の年長児にもなれば物を大切にする心が備わっていることが学校では重要視され、ここでも家庭でのしつけができているのかチェックされます。

・子供の行動を見ていれば物を大切に扱えているのかどうか一目瞭然です。
日頃から家庭でしつけが行き届いているのかどうか、すぐに分かります。
どんな行動がNGかと言いますと、何かものを使い終わったとき元ある場所に戻す際に、ポンと投げ入れたりすることです。
どんなものでも投げることはよくありません。
ついついゴミ箱にゴミを投げ入れてしまいがちですが、それも小さな子供には悪影響です。
子供が小さいうちは丁寧過ぎるくらいにマナーを教えていきましょう。
また、片付けの際に望ましいのは、全てをひとまとめにして収めるのではなく、物によって分類することや重ねて整理することです。

物を壊したら正直に謝ることが大切

・考査の際にもしかすると学校の物が壊れてしまうこともあるかも知れません。
そんな時には正直に壊してしまったことを申し出ましょう。
合格したいから黙っておくとか、怒られるから黙っておくといったことはよくありません。
正直に申し出た子供に対してマイナス評価を与える試験官はいないはずです。
乱暴に物を扱っていたのであれば問題外ですが、悪意はなく壊れてしまったのであれば素直に謝れる子として試験官の印象に残るでしょう。

無駄遣いは禁物!

・必要以上に紙やのりを消費することもマイナス評価に繋がるでしょう。
5~6歳もなればもったいないという意識が備わっていて当然です。
必要なものを必要なだけ使うという精神は家庭の中で指導されるものです。

・家庭での日頃の心がけが自然と子供の行動に表れます。物に対してだけではなく、食べ物や資源に対しても同じです。
食べ物は無駄に残さない、物は最後まで使い切る、捨てる量は最小限に留める、水道や電気、ガスを無駄遣いしないという親の姿勢を見て子供は育っています。
日常生活において子供に物や資源を大切にすることを話していれば、子供にも自然と定着するでしょう。

 

タグ

2011年11月14日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:お受験の生活リズム