子供の記事一覧

洗顔や歯磨きといった生活習慣を身に付けよう

自分のことは自分でする

・自分のことは自分でするというのが日常生活における基本です。
小学校受験においても、面接試験のある学校は子供に自分のことが自分でできるかといったことを問われることもあるようです。

行動観察においても試験官は子供の自立の部分を見ているようです。
例えば、朝起きたらまず最初に何をするかといった質問があります。
学校側からすれば何をするのかはさほど問題ではないようで、要は自分から何か進んで行動できる子供かどうかを見ているのです。

・基本的には年長の秋くらいまでに自分のことは自分でできるような能力が身に付いていることが求められています。
一般的に親の助けなしに1人でできることとして考えられているのが洗顔や歯磨き、体洗いやシャンプーです。
また、洗面台やお風呂場を綺麗に使うことを意識するのも年長の年であれば必須だとされているようです。

日頃の行いが試験の際に表れる!?

・受験の際に、洗面や入浴の実演課題こそは設けられていませんが、考査として普段の生活を見抜かれると言っても良いでしょう。
日頃から洗面台やお風呂場、トイレなど皆が共用して利用する場所を綺麗に使うという心構えを身に付けておく必要がありそうですね。

具体的には考査の時に質問形式で、「今日歯磨きをしてきた人?」「自分でシャンプーできる人?」と聞かれることだってあるでしょう。
子供は嘘を付くことができません。
ありのままを表現するのが子供の特性ですから、そういった質問の理想回答となるように応答できるよう、日頃から自分のことは自分でするという習慣を身に付けておいた方が良さそうですね。

タグ

2011年11月7日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:お子様の生活習慣

親の努力が受験を成功に導く

子供の生活リズムが最優先

・受験の時の保護者面接で問われるのが子供の健康に留意している点です。
もちろん親は模範解答を知っていますから、規則正しい生活リズム、バランスの良い食事、適度な運動と答えるでしょう。
頭では分かっていてもなかなか実践できないのが人間ですが、受験を目指す子を持つ親としてここはひとつ頑張りましょう。

・睡眠をしっかりと取っている子は何をやっても長けているものです。
頭の働きも体の働きも活発で、目もキラキラと輝いている子が多いと言われています。
睡眠が充分に足りているということで集中力が身に付き、同じように受験勉強に取り組んでも吸収の良さが格段に良いようです。
反対に、睡眠が足りていない子は集中力がなく、朝からぼんやりしています。
そのため何をやってもうまくいかないことが多いみたいですね。

・受験に勝つ子供に共通して言えるのは、規則正しい生活を送っていることです。
表情豊かな子供、機敏な動きをする子供、力が漲っている子供、賢い子供が合格を勝ち取ることができる子供です。
規則正しい生活を送ることでもともと備わっている能力やエネルギーが充分に引き出されるのです。
そして心身ともに健康な状態を保てるのです。

夏休みを機に生活リズムを整えよう

・親が忙しいと、ついつい子供もそのペースに巻き込まれがちですが、家事などが途中でも就寝時間が来たら子供を寝かし付けるようにしましょう。
父親の帰宅が遅い家庭でも、子供が寝る時間は決めておくことが大切です。
父親と顔を合わせる時間がないとしても子供の生活リズムが最優先です。

・受験当日は試験会場に出向くために早起きが強いられるでしょう。
交通機関の混雑などを考えると余裕を持って出発したいものですよね。
そうなると日頃から早寝早起きを習慣付けておかないと本番に耐えられなくなってしまいます。

秋の試験を思うと夏休みくらいから徐々に生活リズムを整えておくと安心ですね。
冬よりも夏の方が目覚めが良いとされています。
そんな時期から早起きの練習をすることは効率的だと言えるでしょう。
起床時間を早めるには就寝時間の見直しから始めましょう。

タグ

2011年11月7日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:お子様の生活習慣

規則正しい生活習慣が受験を成功させる!?

1日のタイムテーブルを決めよう

・受験に勝つための基本となるのが規則正しい生活を送ることです。
そのためには、まず1日のタイムテーブルを決めておくと良いでしょう。
受験の時期はついつい夜遅くまで受験対策として子供に勉強させがちですが、夜更かしすることは子供にとって何のメリットもありません。

5~6歳児の理想とされる睡眠時間は11時間程度です。
是非、早寝早起きを心掛けましょう。
基本的に夜9時までには就寝し、朝は7時までに起床できるよう、日頃から生活習慣を整えましょう。

・1日のタイムテーブルが決まれば、あとはそれを実践するのみです。
毎日継続することが大切ですから、三日坊主にならないように注意しましょう。
平日はもちろん、生活リズムが乱れがちな週末もできるだけ大きく狂わせないように注意しましょう。

生活リズムが乱れたら修正すればいいと思われるかも知れませんが、一度乱れたものは1日では修正できないものです。
その後数日疲れを引きずることにもなり兼ねません。
そうなると受験対策にも支障を来たしてしまうでしょう。

タグ

2011年11月7日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:お子様の生活習慣

受験に勝つための面接対策とは

面接に勝てるかどうかは父親にかかっている!?

・そうは言っても、適度な長さで具体例を挙げながら話すということは、そう簡単なことではありません。
普段子供と一緒に過ごす時間の長い母親であればまだしも、子供のことがいまいち理解できていない父親ともなるとなかなか難しいようです。
父親の対応によって明暗を分けるといっても過言ではありません。
母親同様、父親も前もって面接の練習をしておくことが必要なのです。

仕事に忙しくても、普段どのように子供と接していて、どれくらい子育てに関与しているのかをうまく表現できると良いですね。
もし想定外の質問がきても、冷静に試験官の目を見ながら思っていることを誠実に述べれば大丈夫です。
志望校によって回答を変えたりといった細工はあまりよろしくありません。
日頃から家庭教育で気を付けていることや、子供を評価すべきところ、学校側に伝えておきたいことなどを、前もって整理しておくと、試験当日慌てなくても済みます。

ありのままを素直に表現できる子供が魅力的

・お子様への質問に対しての回答も、敢えて無理矢理直す必要はありません。
立ち居振る舞いがきちんとできているか、試験官の質問の内容を理解し、それに的確に答えられているかといったところが守られていれば問題ありません。

無条件に物怖じしない子供が良いというわけでもなさそうです。
子供にしても、ありのままのハツラツとした姿が魅力的なのです。
受験対策で形成されたような人格は学校側からすると面白みに欠けるようです。

・有名私立小学校受験に勝つためには、面接に勝たなければいけません。
逆に面接に成功すればお受験にも成功したと言えるでしょう。

タグ

2011年11月4日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:受験面接

受験に勝つためには面接で飾らないことが大切

保護者の立場としてわきまえておくこと

・保護者の立場として是非心得て頂きたいことがいくつかあります。
まずは、ありのままの気持ちを力いっぱい表現することが大切です。
話し方が上手いか下手かはあまり関係ありません。

面接といっても時間が短く、たいていの場合2~3問しかないわけですから、あまり短過ぎる答えは望ましくありません。
もちろん長過ぎるのも良くないので、具体例を挙げながら1問につき1分程度で表現すると良いでしょう。
事前に志望校で聞かれる質問を想定し、ある程度回答を考えておくと安心でしょう。

・誤解しないで頂きたいのは、決して上手く取り繕えと言っているわけではないということです。
ごまかすことは通用しないのがお受験です。
親があれこれ細工していても、子供は事実を話してしまうものです。

いくら親がごまかそうと思っても、何かの拍子にボロが出てしまうものです。
変に取り繕うよりも親としての気持ちをそのままぶつける方が賢いのです。
その方が学校側に与える印象も良いと言えるでしょう。

いかに貴校を志願しているのか、我が子をどれくらい大切に思い育ててきたのかを、思うままに表現することが大切なのです。
学校側は、そういった親の飾らない姿に共感し高い評価をしてくれるものです。
無理に格好つけることは逆効果なのです。

タグ

2011年11月4日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:受験面接