生活リズムの記事一覧

親の努力が受験を成功に導く

子供の生活リズムが最優先

・受験の時の保護者面接で問われるのが子供の健康に留意している点です。
もちろん親は模範解答を知っていますから、規則正しい生活リズム、バランスの良い食事、適度な運動と答えるでしょう。
頭では分かっていてもなかなか実践できないのが人間ですが、受験を目指す子を持つ親としてここはひとつ頑張りましょう。

・睡眠をしっかりと取っている子は何をやっても長けているものです。
頭の働きも体の働きも活発で、目もキラキラと輝いている子が多いと言われています。
睡眠が充分に足りているということで集中力が身に付き、同じように受験勉強に取り組んでも吸収の良さが格段に良いようです。
反対に、睡眠が足りていない子は集中力がなく、朝からぼんやりしています。
そのため何をやってもうまくいかないことが多いみたいですね。

・受験に勝つ子供に共通して言えるのは、規則正しい生活を送っていることです。
表情豊かな子供、機敏な動きをする子供、力が漲っている子供、賢い子供が合格を勝ち取ることができる子供です。
規則正しい生活を送ることでもともと備わっている能力やエネルギーが充分に引き出されるのです。
そして心身ともに健康な状態を保てるのです。

夏休みを機に生活リズムを整えよう

・親が忙しいと、ついつい子供もそのペースに巻き込まれがちですが、家事などが途中でも就寝時間が来たら子供を寝かし付けるようにしましょう。
父親の帰宅が遅い家庭でも、子供が寝る時間は決めておくことが大切です。
父親と顔を合わせる時間がないとしても子供の生活リズムが最優先です。

・受験当日は試験会場に出向くために早起きが強いられるでしょう。
交通機関の混雑などを考えると余裕を持って出発したいものですよね。
そうなると日頃から早寝早起きを習慣付けておかないと本番に耐えられなくなってしまいます。

秋の試験を思うと夏休みくらいから徐々に生活リズムを整えておくと安心ですね。
冬よりも夏の方が目覚めが良いとされています。
そんな時期から早起きの練習をすることは効率的だと言えるでしょう。
起床時間を早めるには就寝時間の見直しから始めましょう。

タグ

2011年11月7日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:お子様の生活習慣

規則正しい生活習慣が受験を成功させる!?

1日のタイムテーブルを決めよう

・受験に勝つための基本となるのが規則正しい生活を送ることです。
そのためには、まず1日のタイムテーブルを決めておくと良いでしょう。
受験の時期はついつい夜遅くまで受験対策として子供に勉強させがちですが、夜更かしすることは子供にとって何のメリットもありません。

5~6歳児の理想とされる睡眠時間は11時間程度です。
是非、早寝早起きを心掛けましょう。
基本的に夜9時までには就寝し、朝は7時までに起床できるよう、日頃から生活習慣を整えましょう。

・1日のタイムテーブルが決まれば、あとはそれを実践するのみです。
毎日継続することが大切ですから、三日坊主にならないように注意しましょう。
平日はもちろん、生活リズムが乱れがちな週末もできるだけ大きく狂わせないように注意しましょう。

生活リズムが乱れたら修正すればいいと思われるかも知れませんが、一度乱れたものは1日では修正できないものです。
その後数日疲れを引きずることにもなり兼ねません。
そうなると受験対策にも支障を来たしてしまうでしょう。

タグ

2011年11月7日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:お子様の生活習慣