面接の記事一覧

受験に勝つための面接対策とは

面接に勝てるかどうかは父親にかかっている!?

・そうは言っても、適度な長さで具体例を挙げながら話すということは、そう簡単なことではありません。
普段子供と一緒に過ごす時間の長い母親であればまだしも、子供のことがいまいち理解できていない父親ともなるとなかなか難しいようです。
父親の対応によって明暗を分けるといっても過言ではありません。
母親同様、父親も前もって面接の練習をしておくことが必要なのです。

仕事に忙しくても、普段どのように子供と接していて、どれくらい子育てに関与しているのかをうまく表現できると良いですね。
もし想定外の質問がきても、冷静に試験官の目を見ながら思っていることを誠実に述べれば大丈夫です。
志望校によって回答を変えたりといった細工はあまりよろしくありません。
日頃から家庭教育で気を付けていることや、子供を評価すべきところ、学校側に伝えておきたいことなどを、前もって整理しておくと、試験当日慌てなくても済みます。

ありのままを素直に表現できる子供が魅力的

・お子様への質問に対しての回答も、敢えて無理矢理直す必要はありません。
立ち居振る舞いがきちんとできているか、試験官の質問の内容を理解し、それに的確に答えられているかといったところが守られていれば問題ありません。

無条件に物怖じしない子供が良いというわけでもなさそうです。
子供にしても、ありのままのハツラツとした姿が魅力的なのです。
受験対策で形成されたような人格は学校側からすると面白みに欠けるようです。

・有名私立小学校受験に勝つためには、面接に勝たなければいけません。
逆に面接に成功すればお受験にも成功したと言えるでしょう。

タグ

2011年11月4日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:受験面接

受験に勝つためには面接で飾らないことが大切

保護者の立場としてわきまえておくこと

・保護者の立場として是非心得て頂きたいことがいくつかあります。
まずは、ありのままの気持ちを力いっぱい表現することが大切です。
話し方が上手いか下手かはあまり関係ありません。

面接といっても時間が短く、たいていの場合2~3問しかないわけですから、あまり短過ぎる答えは望ましくありません。
もちろん長過ぎるのも良くないので、具体例を挙げながら1問につき1分程度で表現すると良いでしょう。
事前に志望校で聞かれる質問を想定し、ある程度回答を考えておくと安心でしょう。

・誤解しないで頂きたいのは、決して上手く取り繕えと言っているわけではないということです。
ごまかすことは通用しないのがお受験です。
親があれこれ細工していても、子供は事実を話してしまうものです。

いくら親がごまかそうと思っても、何かの拍子にボロが出てしまうものです。
変に取り繕うよりも親としての気持ちをそのままぶつける方が賢いのです。
その方が学校側に与える印象も良いと言えるでしょう。

いかに貴校を志願しているのか、我が子をどれくらい大切に思い育ててきたのかを、思うままに表現することが大切なのです。
学校側は、そういった親の飾らない姿に共感し高い評価をしてくれるものです。
無理に格好つけることは逆効果なのです。

タグ

2011年11月4日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:受験面接

受験に勝つための面接必勝法

面接にはパターンがある

・面接試験とひと言に言っても、そのパターンはいくつかあります。
子供だけの面接もあれば、両親だけの面接もありますし、親子揃っての面接もあります。
子供だけの面接においては、個別テストや工作や絵画といった制作時間に試験官が子供にいろいろ質問します。
両親だけの面接は学校によって日程もバラバラで試験前に行うところもあれば、試験日当日に行うところもありますし、試験後に改めて行うところもあります。

聞かれることは志願動機や子育てで力を入れているところやしつけの方針、子供との接し方や子供の長所や短所についてが多いようです。
時に社会情勢について聞かれることもあるので、ニュースにも目を向けておくと良いでしょう。
親子面接でもたいてい同じ内容で質問が向けられます。
どちらかというと子供メインで、それに付け加える形で両親も聞かれます。

・いずれのパターンにせよ、学校側の面接の目的には意味があります。
学校に相応しい家庭かどうかを実際に会って確かめることが目的とされています。

両親との面接では、志願理由や人柄や教育方針についてしっかりと見極めようとしているのです。
子供との面接では、学校に適している児童であるかどうかを確かめ、話す力や聞く力、理解力や態度を見極め、学校生活を送るのに充分な力が備わっているかどうかを判断します。

・あらゆる角度から見抜かれる面接試験ですから、軽視してはいけません。
これまで数知れずの親子と面接してきた試験官ですから、全てお見通しです。
マニュアル通りの回答では通用しないのです。
もちろんマニュアル以下の内容であれば問題外です。

タグ

2011年11月4日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:受験面接

合格への登竜門となるのは願書

願書作成は慎重に!

・私立試験の入学試験とは、入学願書を提出した時から始まると言われます。
願書が意味するものは、出願する小学校の入試に参加させて欲しいという意思表示です。
そのため、受験する小学校にいかに志望動機をアピールするかが重要な課題となるでしょう。
小学校によっては試験本番で親子面接や両親だけの面接が実施されるところもあります。
そういったところでは、この願書が試験官にとって唯一の資料となるわけで、願書をもとに質問が展開されることになります。

・面接時間として取られるのは通常5~10分程度なので、質問時間が充分であるとは言えないでしょう。
学校側としては、願書への記載事項をもとに家庭環境であるとか、教育方針であるとか、両親や子供の様子など、あらゆる角度から観察し、試験結果と照らし合わせて合否を判定することになるのです。

願書で重要視される自由記入欄

・願書には記載事項がいろいろあるわけですが、一番肝心なのは自由記入欄です。
小学校によっては質問が細かく設定されているところもあります。
ほとんどの小学校では、志願理由や家庭の様子などの記載を求めてくるところが多いようです。
具体的に、学校と家庭の教育方針で一致する部分はどこなのかとか、試験の時に学校側が聞いておいた方が良いと考える点はどこなのかといった内容を記載させるような小学校もあります。

自由と言いつつ、サイズとしてはB5もしくはA4サイズの用紙一枚分に記載を求めてくるような小学校も少なくないようです。
まさに長文となるので、合格したい親とすればいったいどのように記入しようか悩まれることでしょう。

・面接時間が短いからこそ、こういった自由記入欄を設けることで学校が求めている家庭の方針であったり、子供の姿であったりといったところを調査していると言っても良いでしょう。
言い方はあまりよくないかも知れませんが、学校側としては自校が求めている子供が欲しいし、学校の教育方針と同じ考えを持つ保護者で面倒なことを申し出ない家庭に育つ子供が欲しいのです。

そのため、書類選考するがごとく願書によってふるいにかけるといったことにもなり兼ねません。
逆に学校に見合った形で家庭の印象を良くし、子供のことを充分に理解してもらえる絶好のチャンスだとも言えるでしょう。

タグ

2011年11月2日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:お受験合格