願書の記事一覧

親の戦略が出願でも問われる!?

計画的に出願校を絞ろう

・いざ願書が完成すれば出願となります。
いよいよ、受験対策で悩みながら絞り込んだ小学校を最終的に選ぶ段階に入るのです。
出願前には特に思い悩む保護者の方もいらっしゃるでしょう。

本当に我が子に適している小学校なのか、本当にここに出願してもいいのかなど、最終的に考え抜いて、出願する小学校が複数ある場合にはあらかじめ順位を決めておくと良いでしょう。
入学金の振込み時期などが多少前後するでしょうから、そういったことも踏まえて考えておくと安心です。

・都心の小学校においては、通常10月1日を境に出願期間がスタートします。
試験本番が始まるのは10月中旬頃で、11月の第一週辺りがピークになるでしょう。
中には試験日が重なってしまう小学校もあるので、例えば複数校に出願しても実際に受験できる学校は限られてくるかも知れません。

受験番号の交付は受付順とは限らない

・昔と違って私立小学校のほとんどは、願書を郵送で受け取るようになっており、直接学校の窓口に提出し先着順で受験番号が交付されるというケースはほぼなくなったといっても良いでしょう。

受験番号の交付は学校によっても異なっており、50音順で決まるところや誕生月、男女別で決まるところ、郵送受付順で決まるところもあります。
そうなると試験日についてはまさに運任せと言えるでしょう。

3月生まれの男子からスタートし、4月生まれの女子が最後となる小学校もありますし、その年によってスタートの生まれ月を変えるところもあります。
中には試験日が複数日設けてあり、各日80~90人程度の考査を行うところもあります。
学校によってやり方はまちまちなので、ある程度の予測が必要になってくるでしょう。
こればかりははっきりとは分かりかねますので、場合によっては志願校の試験日が重なるといったケースも見られます。

・毎年の試験の傾向が似ている学校を志望するのであれば、余分に1~2校出願しておくのも良いかも知れませんね。
都内の有名校であれば10月1~2日に試験日が集中しますので、出願したものの全てに挑むことができない家庭が多く、欠席者が多く見られるようです。
裏を返せば受験者が減るということで、それだけ倍率も下るというメリットもあります。

・毎年の各小学校の試験日程表があり、幼児教室を通じて入手することもできるので、事前に参考にしてみるのも良いかも知れませんね。
我が子が受験する小学校と同一試験日である小学校をチェックしながら、併願する学校を決めるとより確実でしょう。

タグ

2011年11月2日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:お受験合格

学校側に受け入れてもらえる願書とは

願書作成のポイントとは

・願書を記入する上でポイントとなることをまとめてみましょう。
書き間違えることだってあるでしょう。
そのためにも願書は2部購入しておきたいところです。
また、必ず下書きして記入することが大切です。

志望動機や家庭の教育方針や子供の様子など、いかにうまく学校側に伝えることができるのかが勝負です。
文章は必ず「です」「ます」調で書くのが掟です。
記入の際には必ず黒の万年筆を使いましょう。

願書に保護者の学歴や職歴を記載するスペースが設けられている場合もありますが、そういった欄がない場合には自由記入欄に必ず記載しましょう。
当たり前のことですが、お子様の様子についてネガティブでマイナス印象を与えることは記入しないようにしましょう。
また、表現方法にも注意を払いましょう。
学校側のプライドを損ねるような表現は禁物です。

受験本などにマニュアルが記載されていますが、そういったものは参考程度に、あくまでオリジナルな文章でも良いのです。
願書を記入し終えたら必ず読み直し、一部コピーを取っておいて試験日まで保管しておくと良いでしょう。
幼児教室でも受験マニュアルとして指導してくれることもありますし、ほとんどが常識でお分かり頂ける内容ですが、上記にはマニュアルでは教えてくれないことも含まれていますので、願書提出の際に役立てて頂ければ幸いです。

自由記入欄には何を書く!?

・小学校によっても願書の形式が異なっているので、一概に例を挙げることはできないのですが、自由記入欄がとりわけ多めである小学校については記載内容に充分配慮しましょう。

どうしても貴校でなければいけないというインパクトがなければ、プライド高き有名私立小には受け入れてもらえないでしょう。
また、願書の自由記載欄を参考に面接を進めていく小学校がほとんどですから、質問してもらいやすいような内容で記載するのもポイントです。
質問材料に困らない内容で家庭の教育方針について具体的に交えつつ書き進めると良いでしょう。
願書を手にした学校側が、家庭環境を想像できるくらいインパクトのある内容が好ましいと言えるでしょう。

タグ

2011年11月2日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:お受験合格

合格への登竜門となるのは願書

願書作成は慎重に!

・私立試験の入学試験とは、入学願書を提出した時から始まると言われます。
願書が意味するものは、出願する小学校の入試に参加させて欲しいという意思表示です。
そのため、受験する小学校にいかに志望動機をアピールするかが重要な課題となるでしょう。
小学校によっては試験本番で親子面接や両親だけの面接が実施されるところもあります。
そういったところでは、この願書が試験官にとって唯一の資料となるわけで、願書をもとに質問が展開されることになります。

・面接時間として取られるのは通常5~10分程度なので、質問時間が充分であるとは言えないでしょう。
学校側としては、願書への記載事項をもとに家庭環境であるとか、教育方針であるとか、両親や子供の様子など、あらゆる角度から観察し、試験結果と照らし合わせて合否を判定することになるのです。

願書で重要視される自由記入欄

・願書には記載事項がいろいろあるわけですが、一番肝心なのは自由記入欄です。
小学校によっては質問が細かく設定されているところもあります。
ほとんどの小学校では、志願理由や家庭の様子などの記載を求めてくるところが多いようです。
具体的に、学校と家庭の教育方針で一致する部分はどこなのかとか、試験の時に学校側が聞いておいた方が良いと考える点はどこなのかといった内容を記載させるような小学校もあります。

自由と言いつつ、サイズとしてはB5もしくはA4サイズの用紙一枚分に記載を求めてくるような小学校も少なくないようです。
まさに長文となるので、合格したい親とすればいったいどのように記入しようか悩まれることでしょう。

・面接時間が短いからこそ、こういった自由記入欄を設けることで学校が求めている家庭の方針であったり、子供の姿であったりといったところを調査していると言っても良いでしょう。
言い方はあまりよくないかも知れませんが、学校側としては自校が求めている子供が欲しいし、学校の教育方針と同じ考えを持つ保護者で面倒なことを申し出ない家庭に育つ子供が欲しいのです。

そのため、書類選考するがごとく願書によってふるいにかけるといったことにもなり兼ねません。
逆に学校に見合った形で家庭の印象を良くし、子供のことを充分に理解してもらえる絶好のチャンスだとも言えるでしょう。

タグ

2011年11月2日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:お受験合格